冬(1月)の水藻フィッシングセンター釣果

野池で釣れなくはないけど、数釣りができなくなってきたので大阪の貝塚市にあるブラックバス管理釣り場にいってきました。

冬でも人が多い!

人の少なそうな冬の寒い時期の平日を狙っていったのですが、気持ちちょっと暖かかったせいか釣り人は20人ぐらい。

さすがにこの人数だと浮いてる橋の上で投げるのは周りの人を気にしないといけないので嫌ですね…。

まっすぐだけ投げればいいんですが、斜めに投げる人もいてるので譲り合い精神がない人が集まると喧嘩になりそうです^_^;

一級ポイントの方はオープン時間から来て場所を取られていたそうで、2桁も釣られていました。

釣果につながる釣れるパターン

釣り人何人かとお話させてもらった結果、釣れるパターンは2パターン。

メタルバイブ

ひたすらメタルバイブでリフトアンドフォールでリアクションバイト。

浮いてる橋の足元でも30回ほどリフトアンドフォールするとヒットするらしい。

立ち位置にもよると思いますが。

釣れたメタルバイブは、ジャッカルのノッキンジョーと中華製の無名メタルバイブレーション。
バスの数が多いのでリアクションバイトを狙っていけば釣れるチャンスは多いと思います。

ダウンショットリグ

ダウンショットでひたすらシェイクしながらゆっくり巻く。

ストレートでもクロー系でもOKです。

シェイクして止めるという動きより、ずっとシェイクしながら動かしている方が釣れます。

リアクションバイトと違い、ゆっくり口を使ってくるので『咥えたのに離した!』っていうタイミングが多いです。

でも、一度離してもそのままシェイクし続けていると食ってくるのですぐに回収しないように。

よく釣れたのはRAID JAPANのエグバグ(EGU-BUG)
シンカーはウォーターグレムリン ラウンドスプリット/ガン玉の735-5(約2.3g)
フックからシンカーまでの長さは約20cmほど。

バスがスレているタイミング

常連さん曰く、前回のバスの放流から日数が経っているのでバスがスレまくっているとのこと。
それでも、一級ポイントでされていたので余裕の2桁台の数を釣られていました。

12月は数回放流があったので、めちゃくちゃ楽しかったそうです。
放流されるとホームページで告知されるので、放流後すぐがベストです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました